不動産情報なんでもナビ
 平成12年上半期の売買事例分析結果
平成12年1月〜6月の売買事例を分析してまとめてみました。
平成12年下半期の売買事例分析結果平成13年上半期の売買事例分析結果
まず最初に、沿線・月別に平均坪単価を出してみます。
  1. 京王線は、初台駅〜笹塚駅まで
  2. 小田急線は、南新宿駅〜代々木上原駅まで
  3. 山手線は、代々木駅〜恵比寿駅まで
沿線別成約事例平均坪単価表
沿 線 1月(万円) 2月(万円) 3月(万円) 4月(万円) 5月(万円) 6月(万円) 平均(万円)
京王線 161 173 174 163 155 196 171
小田急線 194 168 201 128 210 207 185
山手線 179 208 182 165 181 174 182
続いて今度は、上記の表を築年数別に分けてみます。
沿 線 築年数 1月(万円) 2月(万円) 3月(万円) 4月(万円) 5月(万円) 6月(万円) 平均(万円)
京王線 10年以内 225 210 228 216 216 219
11〜20 155 185 155 176 190 173
21〜30 146 141 140 137 133 140
30年超 113 150 132
小田急線 10年以内 234 226 185 226 218
11〜20 141 195 135 210 171
21〜30 166 195 163 97 170 159
30年超
山手線 10年以内 210 280 245 225 231 239
11〜20 197 201 257 179 189 218 207
21〜30 176 165 155 149 184 171 167
30年超 154 160 152 134 102 141
 以上の結果から、京王線沿線が一番平均坪単価が安く、二番目が山手線沿線、一番高いのが小田急線という結果になりました。しかし、築年数での平均坪単価を観てみると、小田急線は、30年を超える築年数の成約事例がなく、全体としての平均坪単価を押し上げている恰好になっています。築年数別に見ていくと、やはり山手線沿線が一番高い様です。但し、山手線沿線には、原宿駅・渋谷駅などがあり、築年数が35年を超えるような、マンションが出来始めた当初の物件が、まだ売買されていることから、平均の坪単価を押し下げているようです。
 沿線別にみますと、
 京王線沿線では、新築マンションの建設ラッシュといった状況です。、初台近辺で今年に入ってから売り出されたマンションが、4物件以上あり中古マンションの価格にも影響を与えていそうです。
 また、小田急線沿線は、代々木上原駅近辺でのマンション事業が昔から多く、中古物件でも取引事例が一番多いようです。最近の新築マンションは、代々木八幡駅近辺が多いようです。
 山手線沿線では、やはり人気があるのか恵比寿駅が一番取引事例が多いようです、但し、極端に多い訳ではなく平均してどの駅でも売買事例が出ている状況です。
 また、全体のこの半年間の価格の変動をみてみますと、その月によってばらつきは有るものの、下落の傾向にあるようには見受けられないようです。平均して落ち着いていると言えるようです。
 平成12年上半期の中古マンション売買事例の結果は以上です。
これからも、半年に一度は結果報告をして行きたいと考えております。今後ともよろしくお願いします。.
ページのTOPへ戻る
(注)このページの無断転写・再配布等はご遠慮ください。
◎ご意見・ご感想をお寄せください。  tamotsu@futana.co.jp
ホーム売買事例>平成12年上半期の売買事例分析結果
平成12年下半期の売買事例分析結果へ平成13年上半期の売買異例分析結果へ